結婚の挨拶状を送る際のマナーとは

親しい友人や知人に対して結婚の報告と配偶者を紹介すると共に、これからも相変わらぬお付き合いを願う事を目的として送る物が挨拶状となります。
送付は挙式及び入籍から一ヶ月以内に届くように発送する様に心がけることが大切です。
挨拶状の基本的な構成としては、頭語や時効の挨拶に続いて結婚もしくは入籍した旨を明確に伝えます。
続いて、本文としてお礼の言葉や今後も相変わらぬお付き合いや指導、指南を願う文章を添えた後に新たな住所と二人の氏名、旧姓で締めくくるものが一般的です。
また、時期が年末であったり季節の挨拶状のやりとりのみの相手の場合は、年賀状等を送る際に併せての挨拶を兼ねる場合もあります。
友人等のより親しい関係者に送付する場合は、結婚や入籍の報告と共に自筆で砕けた近況報告を手書きで一言添えるのも、貰う側にとっては嬉しい一枚となります。
昨今、挙式は行わずに入籍のみのスタイルを選ぶ人も増えていますが、その場合でも必ず送付する事がマナーとなります。
いずれの場合にせよ、気持ちのこもった言葉を届ける事を一番に心がける事が大切なのです。